サイバーエージェントFX(外貨ex)


外貨ex

サイバーエージェントFXの外貨exは、取引ツール「cymo(サイモ)」をはじめ、さまざまなアプリを無料で提供しているFX業者です。

当初は、アメーバブログの運営などで知られるサイバーエージェントが運営していたFX業者でしたが、現在はYahoo!Japanが運営を引き継いでいます。

名前は「サイバーエージェントFX」ですが、事実上は「ヤフージャパンFX」ということです。
Yahoo!が運営しているFX業者ということで、より安心感があります。

最近では、Yahoo!のサービスやTポイントとの連携も進み、より使い勝手の良いFXサービスに成長しています。
サイバーエージェントFXの口座開設にかかる手数料・口座維持費用は完全無料です。

サイバーエージェントFXの特徴

サイバーエージェントFXで人気が高いのは、取引ツールの「Cymo(サイモ)」です。
Cymoを使うことで、為替が急激に変動していても、素早く確実に注文を出すことができます。

また、FX業者としては珍しい外貨受渡サービスや、クイック出金(即時出金)なども手がけており、かゆいところに手が届く優良業者となっています。

米ドル円0.4銭の激狭スプレッド

スプレッド

外貨EXのスプレッドは、米ドル円で0.4銭です。

FX業者の中ではトップクラスのスプレッドを誇っており、米ドル円だけでなく、その他の通貨ペアについても常に狭いスプレッドを提供しています。

FXでは、取引手数料無料が一般的ですが、手数料の変わりにスプレッドが重要となります。
外国為替の売買レートの差がスプレッドとなり、これが事実上の手数料(取引コスト)となるからです。

つまり、サイバーエージェントFXのような激狭スプレッドを提供しているFX業者を選ぶことで、取引コストを気にせずトレードでき、スプレッドが狭い方が勝ちやすくなる仕組みです。

同社のHPでは「月間スプレッド提示率」が公表されています。
2013年6月の実績ですが、米ドル円0.4銭の提示率は96.24%でした。

これは、残りの約4%はスプレッドが拡大したことを示していますが、いずれも取引量が少ない朝5時~7時の時間帯であり、日中・夜間についてはほぼ100%の確率で0.4銭を提示しています。

私は毎月この提示率を見ていますが、毎月この程度の高い提示率を維持しているので、スプレッドの拡大はあまり気にする必要はありません。

口コミでも評判のCymoが使いやすい

Cymo

サイバーエージェントFXの一番のメリットは、取引ツール「Cymo(サイモ)」が使えることです。

サイモはその使いやすさとサクサク感で、FXの初心者からベテランのトレーダーまで、多くの人が支持している評判のツールです。
Cymoには大きく分けて3つの種類があります。

  • Desktop Cymo
  • Cymo NEXT
  • Mobile Cymo

■Desktop Cymo
発注機能に特化した、シンプルなガジェット型ツールです。
チャートやテクニカル分析機能も搭載していますが、コンパクトな画面でツールを立ち上げられるのがポイントです。

パソコンの画面を占拠しないので、発注にはCymoを使い、チャートツールやニュース画面は他社FX業者のものを使う、と言った使い方もできます。

■Cymo NEXT
Cymo NEXTは、本格的なFXトレーディングツールです。
プロディーラー仕様の機能と、Desktop Cymoの使いやすさが上手くミックスされており、発注からチャート分析、ポジション管理まですべてをCymo NEXT一台で管理できます。

グラフィカルに操作できる「クイック指値注文」や、利食い・損切りの自動設定など、幅広い機能を使いこなしたい方は、Cymo NEXTを使ってのトレードがおすすめです。

■Mobile Cymo
モバイル向けのCymoには、iPhone、iPad、Android用に加えて、Windows Phone用、そしてガラケー用と、あらゆる端末で使えるアプリが用意されています。

中でもiPhoneアプリのiPhone Cymoは「最も取引に使っているアプリ、最も満足度が高いアプリ」ランキングにおいてNo.1を獲得した実績があります。
タッチパネルでサクサクトレードができる高い操作性を実現しており、利用者も多いのがMobile Cymoの特徴です。

いずれのツールも、サイバーエージェントFXへの口座開設をしている方であれば、無料で使うことが可能です。

私もたまにCymoを使うことがありますが、Cymoのサクサク感は一度使うと病みつきになるほど、スピード感のあるトレードができるようになります。

スワップ投資もOKの高い自己資本比率

スワップ金利

外貨預金の「利息」にあたるのがスワップ金利です。

FXでは、外国通貨を持っていれば毎日金利がもらえる特徴があります。
FXでは、デイトレードのような短期取引によって稼ぐ手法が一般的です。

しかし、外貨預金の代わりとして、長期投資でスワップ金利を着実に稼ぐ資産運用としてのFXも、手法の一つです。

FX業者でスワップ金利を稼ぐ長期投資をする場合、大切になってくるのがFX業者に対する信頼です。

FX業者の口座に預けたお金は「分別管理・信託保全」という仕組みによって、万が一業者が倒産してしまっても、顧客の資産は守られる仕組みになっています。

しかしそれでも、業者が倒産した後にすぐにお金が戻ってくるとは限りません。
そのような「長期投資ならではのリスク」を考えた場合に、Yahoo!JAPANが運営しているサイバーエージェントFXは、絶大な安心感があります。

また、サイバーエージェントFXの特徴として自己資本比率が高いことが上げられます。

自己資本比率は財務健全性を図る指標です。
自己資本比率が高いということは、それだけサイバーエージェントFXの財務が安定しており、倒産リスクが低いということです。

オンラインセミナーも豊富

セミナー

サイバーエージェントFXでは、初心者から上級者まで様々なセミナーを随時開催しています。
セミナーはいずれも無料で、オンラインで自宅で受講できるので、積極的に活用したいところ。

内容は、デイトレードのテクニックを紹介する「すぐに使えるデイトレ」や、プロディーラーの仕事がわかる「ディーリングルーム」、そして「米雇用統計直前セミナー」など多数です。

いずれもFX業界で名前の通っている豪華な講師陣を招いてのセミナーなので、FXをはじめたばかりの初心者の方でも、FXのイロハを学ぶには良い環境だと思います。

オンラインセミナーは定期的に開催されていますが、たまにサイバーエージェントFXの本社で行われる「会場型セミナー」も開校しています。

22種類の通貨ペアが取引可能

通貨ペア

取引可能な通貨ペアは22種類です。
米ドル、ユーロ、豪ドルなどの主要な通貨ペアに加えて、マイナー通貨では人民元(CHN)と香港ドル(HKD)の取引ができます。

人民元や香港ドルを取引できるFX業者は少ないので、中国や香港の通貨を売買したいという方も、サイバーエージェントFXを選ぶメリットは大きいです。

12種類の注文方法

注文方法

外貨exには、12種類の注文方法が用意されています。
一般的な指値、逆指値、IFD、OCO、IFO注文の他に、リスクを限定しながら利益を伸ばすことが可能な「トレール注文」が使えます。

その他にも、ワンクリックで持っている通貨をすべて決済できる「全決済」や、通貨ごとにすべてのポジションを決済する「通貨毎全決済」といった注文も使えるので安心です。

業界初のリアルタイム出金が可能

クイック入金

サイバーエージェントFXは、業界ではじめて「リアルタイム出金」を始めた業者として有名です。
リアルタイム出金とは、クイック入金と同様の出金サービスです。

出金金額が100万円以内であり、かつ8:50~14:30の日中に出金を依頼した場合、即時(たった数秒)で外貨exのFX口座から指定の銀行口座にお金を出金できます。

通常の出金だと、FX口座から銀行口座にお金を戻すまで、3営業日程度が必要ですが、リアルタイム出金を使えば数秒でお金を引き出せるので大変便利です。

クイック入金は一般的なFX業者が提供しているサービスと同様に、メンテナンス時間を除いて、24時間いつでも数秒で銀行口座からサイバーエージェントFXの口座に入金できるシステムです。
もちろん、クイック入金もリアルタイム出金も振込手数料無料で利用できます

手数料無料の現受・現渡サービス

現受・現渡サービス

サイバーエージェントFXでは、売買した通貨を実際の外貨と交換する「現受・現渡サービス」を展開しています。

例えば、FX口座で米ドル円を1,000通貨(10万円相当)購入した後に、現受サービスを利用すると、手数料無料で1,000米ドルを外貨預金口座に振り込んでくれます。

海外旅行に行く際、空港などで両替をすると多額の手数料がかかりますが、外貨exの現受サービスを利用すれば、手数料も無料で、スプレッドも米ドル円で0.4銭なので破格です。

逆に、海外旅行から帰国して現地通貨が余ってしまった場合は「現渡サービス」が使えます。
例えば、海外旅行で余った1,000米ドル(10万円相当)をサイバーエージェントFXに入金することで、手数料無料で、約10万円の日本円に両替してもらい、出金することが可能です。

はじめてでも安心の3種類のレバレッジコース

サイバーエージェントFXには、3種類のレバレッジコースがあります。

それぞれ「1倍・10倍・25倍」のレバレッジコースは、リスクに合わせて自分の好みで選択することが可能です。
入金した金額以上の取引をしたくない方は「1倍コース」を選ぶのがオススメです。

レバレッジ1倍は外貨預金と同じであり、もっともリスクが小さいので、はじめてFXをやる方や、FXで大損してしまうのではないか?と、ちょっと心配な方は1倍コースを選びましょう。

逆に、「レバレッジ25倍コース」はデイトレードなどでアクティブに稼ぎたい方におすすめです。

最もリスクが高く損失も大きいデメリットがありますが、上手く取引をこなすことができれば、得られる利益も外貨預金の25倍なので、資産の増加スピードも速いです。

また、25倍コースはレバレッジの力をフル活用できるので、少ない資金からFX取引をスタートさせることができるメリットもあります。

デメリットもあります

他の業者と同様に、サイバーエージェントFXにもデメリットがあります。
外貨exのどのあたりが「優れていない」のか、まとめてみました。

■1,000通貨取引には手数料が必要
サイバーエージェントFXの外貨EXでは、1,000通貨単位の取引が可能です。

一般的なFX業者が1万通貨単位でしか注文を受け付けないのに対し、サイバーエージェントFXでは1,000通貨からトレードができるので、少ない資金の投資家にとってメリットがあります。

しかし、サイバーエージェントFXでは1,000通貨単位での取引は「1,000通貨毎に片道30銭の手数料が必要」です。

これはつまり、往復で60銭の手数料が必要ということになり、1万通貨の米ドル円のスプレッドが0.4銭であることを考えると、大変高い手数料になってしまうことがわかります。

よって、サイバーエージェントFXで1,000通貨単位での取引をして勝つことは大変難しいので、外貨exでは原則として1万通貨単位で取引する。ということを覚えておきましょう。

外貨exへの口座開設はすべき?

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

2012年から運営がサイバーエージェントからYahoo!JAPANに譲渡されたFX業者です。
運営が変わってからも基本的なサービスは引き継がれており、口コミでも人気が高い取引ツールCymoなども、引き続き無料で使えます。

最近では、徐々にYahoo!JAPANとの連携が進んできており、Yahoo!プレミアム会員での優遇や、FXの取引量に応じてTポイントが付与されるなどのお得な取り組みも始まっています。

サイバーエージェントFXは、オンラインセミナーや本社でのリアルセミナーなどが随時開催されており、講師陣がかなり豪華なので、初心者の方はセミナーに参加できるということも、口座開設のメリットとして知っておくと活用の幅が広がると思います。

セミナーはいずれも、口座を持っている方であれば無料で受講できます。

外貨exの口コミ

口コミ情報


関連ページ