FXトレードフィナンシャル(高速FX)


FXトレードフィナンシャル

最強業者としての声も名高いFXトレードフィナンシャル(高速FX)は、口コミからもユーザー満足度の高さが伺える優良業者です。

FX業者に対する意見などをネットで見ていると、たいてい良い意見もあれば悪い意見もあります。
しかし、FXトレードフィナンシャルは、良い意見が多く悪い意見はほとんど見当たりません

これは、それだけ満足度が高いFX業者であることの証明であり、実際にFXトレードフィナンシャルを使った私の自身も、安定した優良業者だと思います。
FXトレードフィナンシャルの口座開設にかかる手数料・口座維持費用は完全無料です。

FXトレードフィナンシャルの特徴

FXトレードフィナンシャルは、外国為替の業界人によって立ち上げられた会社です。
ですので、トレーダーや投資家にどのような情報・ツールが必要なのか?がわかっており、私たち投資家にとって勝つ確率が上がるようなツールをたくさん提供しています。

米ドル円0.5銭のスプレッド

スプレッド

FX取引では、手数料の代わりに「スプレッド」が事実上の取引コスト(手数料)となります。
つまり、スプレッドが狭ければ狭いほど取引コストが小さくなり、勝ちやすくなる仕組みです。

FXトレードフィナンシャル(通称:FXTF)では、米ドル円0.5銭のスプレッドを提供しており、業界でも最狭水準の狭さを誇っています。

米ドル円の他にも、主要通貨ペアについてはすべて最狭水準のスプレッドを提供しています。
指標発表時や為替相場急変時は、一時的にスプレッドが拡大する可能性もありますが、基本的にスプレッドは拡大しない「原則固定スプレッド」を採用しているのも特徴です。

キャッシュバック付きのプラチナポイント

プラチナポイント
FXトレードフィナンシャルには、2つの取引コースがあり、好きな方を選択できます。

  • ポイントコース
  • プロコース

ポイントコースは、1万通貨取引ごとに「プラチナポイント」が貯まるコースです。
毎月ポイント数に応じて現金によるキャッシュバックが受けられます

また、毎月の取引量に応じて、レギュラー、シルバー、ゴールド、プラチナの4つのランクが設定され、上位ランクになるほどプラチナポイントが貯まりやすくなる仕組みです。(レギュラーランクではポイントは付きません)

キャッシュバックによる還元があることで、FXトレードフィナンシャルでは上記のスプレッドよりも、実質スプレッドは狭くなります

取引すればするほど優遇される仕組みも、顧客に対して真摯な印象がありますね。
一方、プロコースはプラチナポイントによるキャッシュバックはありませんが、その分スプレッドが優遇されるメリットがあります。

勝つためのチャートツールが無料

チャート
FXトレードフィナンシャルが評判の理由として、「取引ツールのクオリティが高い」というものがあります。

FXトレードフィナンシャルの高速FXで利用できるツールは、ACT Forex社の「ACT系ツール」と呼ばれるものであり、この取引ツールが抜群に使いやすいと評判です。

欧米市場をはじめ、グローバルで普及しているACT系のシステムは、スピード感と操作性において群を抜いており、カスタマイズ機能も豊富です。
また、ACT系ツールでは、リスクを抑えながら利益を伸ばせる「トレール注文」も使えます。

FXトレードフィナンシャルのACT系ツールは、初心者・上級者を問わずわかりやすい操作で取引できるので、口コミでもたいへん評判のチャートツールとなっています。

また、ACT系ツールではありませんが、高速FXではスマートフォンアプリも無料で提供しています。
iPhoneやAndroid携帯を持っていれば、外出先でもリアルタイム為替レートの監視、チャート分析、売買注文が可能です。

マットFXTF方程式も無料で利用可能

マットFXTF方程式

FX業界では著名な投資家である「マット今井」こと今井雅人のマットキャピタルマネージメント社とFXトレードフィナンシャルを使っているプロのトレーダーによって共同開発された、投資支援ツール「マットFXTF方程式」が無料で使えます。

独自開発された、マットFXTF方程式は、プロのテクニカル分析から売買シグナルを生成し、売買のタイミングをリアルタイムにサポートしてくれるツールです。

テクニカル指標をベースに、為替相場の値動きを総合的に判断し、トレンドの発生点、転換点をシグナルとして教えてくれます。
マットFXTF方程式は、一方向に動く相場展開よりも、レンジ相場展開に威力を発揮すると言われています。

オートチャーティストが無料

オートチャーティスト

海外のautochartist社が提供している支援ツール「オートチャーティスト」が無料で使えます。

autochartist社のツールは世界でも高い評価を得ており、国内だけにとどまらず、海外でも愛用しているプロトレーダーが多いです。
オートチャーティストは、トレンドの転換点をチャートパターンから自動的に検出し、シグナルを発してくれる取引支援ツールです。

多数の通貨ペアのチャートを監視しなくても、チャートパターン、フィボナッチパターン、キーレベル、Power Statsといった複数のチャートパターンを自動検出し、アラートで知らせてくれます。

「もうすぐ特定のチャートパターンになりそう」といった未来予測もしてくれるので、チャートの形に従って売買をする投資家にとっては、非常に役立つツールです。

取扱通貨ペアは38種類

通貨ペア

FXトレードフィナンシャルの高速FXでは、38種類の通貨ペアに投資できます。
主要な米ドル、ユーロ、豪ドルといった通貨ペアの他にも、シンガポールドル、トルコリラのようなマイナー通貨も取り扱っています。

38種類の通貨ペアは一般的なFX業者と比較して、やや多いです。
FXトレードフィナンシャルでは、マイナー通貨の種類を増やすのではなく、メジャー通貨を網羅的に取引できるので、トレーディングの幅が広がると同時に、リスク分散にも役立ちます。

デメリットもあります

他の業者と同じく、FXトレードフィナンシャルにもデメリットがあります。
具体的に、FXTFのどの辺りが微妙なのか、デメリットについてご紹介します。

■出金手数料が必要な場合も
FXトレードフィナンシャルでは、振込手数料無料で24時間即時反映の「クイック入金」に対応しています。
また、平日午前9時までの出金依頼については、なんと当日出金が可能です。(5万円以上200万円まで)

当日出金ができるFX業者は非常に少ないので、このサービスは良心的と言えます。
9時までの依頼で当日出金ができるということは、遅くとも翌日には出金処理を完了してくれるということです。こういった細かい配慮も、FXトレードフィナンシャルが選ばれる理由の一つだと思います。

しかし、FXTFでは出金金額は原則として最低5,000円以上という制限があります。
また、5万円以上の出金については振込手数料無料ですが、5万円以下の場合、振込手数料がかかってしまいます。(顧客負担の為、出金額に応じて105円~420円)
たった数百円の話ですが、この点に関してはFXトレードフィナンシャルを選ぶデメリットと言えます。

■取引通貨単位
FXトレードフィナンシャルの取引通貨単位は10,000通貨~です。
FX業界では普通ですが、最近では1,000通貨単位での取引ができるFX業者も登場しています。
1,000通貨単位だと、少ない資金でFXを始められるメリットがあります。

FXトレードフィナンシャルで米ドル円1万通貨を買う場合、約4万円程度が必要なので、最初に4万円程度を用意できる方であれば、あまりデメリットは感じないと思います。

どうしても小資金で1,000通貨単位でFXを始めたい方は、FXTFの口座開設は見送るか、監視用として、人気の高いACT系のチャートツール専用の口座として使うことになります。

FXTFへの口座開設はすべき?

管理人がこのFX口座を開設すべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

人気の高いACT系トレードツールや、マット今井氏との共同開発によって誕生した「マットFXTF方程式」。そして海外でも愛用者の多いオートチャーティストがすべて使えるというのは、大変メリットが大きいです。

中でも、FXトレードフィナンシャルのACT系ツールは抜群に使いやすいとの声が高く、また約定能力も高いと評判なので、FX初心者やプロトレーダーにまで人気が高い業者です。

取引量に応じてキャッシュバックが受けられる「プラチナポイント」は、実質的なスプレッドをさらに縮小する役目を果たし、取引するほど優遇される仕組みとなっています。

出金金額が5万円以下の場合、振込手数料が発生してしまうデメリットがありますが、こういった点を考えても、FXトレードフィナンシャルは本格的にトレーディングをしたい方向けの取引口座と言えそうです。

FXトレードフィナンシャルの口コミ

口コミ情報


関連ページ