ヒロセ通商LION FXが高い評価を得ている3つの理由。ユーザーの反応

Pocket

LION FX

ヒロセ通商のLIONFXは、狭いスプレッドと使いやすい取引ツールを提供する、デイトレーダー向けのFX業者です。

高スペック業者の代表格といった印象ですが、取引量に応じてヒロセ通商オリジナルの食材がもらえる「食材プレゼントキャンペーン」が口コミでも大変評判です。

食材のためにヒロセ通商で取引している」という方もいるぐらい、このキャンペーンは人気で、LION FXは多くのFXトレーダーから愛されている印象があります。

掲示板の口コミ

■良い口コミ
◯ヒロセの約定力はどうですか?

ヒロセは成行注文よく滑るし指値規制あるからスキャやりにくいけど
平均より上の業者だと思う
◯約定拒否は一度もない。
◯すべりに関してはSBIFXトレードとさして変わりないかな。
指標のときスプレッドが開くのにはびっくりしたけど。
指標ギャンブルに手をださなくなる習慣がついて、逆によかったかも。
◯自分はFX会社の選択はツールの使い勝手が一番だと考えるようになった。
ヒロセのツールは今のところ不満がない。
◯ヒロセのメリットはマイナー通貨ペアを扱えることだろうな
◯ヒロセはスプ酷いんで
食料狙いで時々スキャして遊ぶ程度

■悪い口コミ
◯約定拒否されたことない人は枚数少ないからだと思う
20枚以上から約定拒否ひどくなるね
◯ヒロセはムチャクチャすべるよ
◯ヒロセは滑るし約定しない・遅い
◯ヒロセの早朝スプは半端なく広がる。何度もそのせいで逆指値に引かかった。
ヒロセにきいたら、流通の少ない時間帯は仕方ないそうだ。

ヒロセ通商自身は、「約定力の高さ」をアピールしています。
しかし、ユーザーの口コミによると、取引枚数が多くなると「約定拒否・滑り」が発生し、約定力は下がってしまうようです。

また、原則固定スプレッドを提供しているLION FXですが、早朝や指標時など、インターバンク市場の流動性が低下する場面では、スプレッドが拡大することがあります。

この点は、ヒロセ通商を利用する上でのデメリットと言えます。
一方で、取引ツールの使いやすさやマイナー通貨も取引できる通貨ペア数の多さなど、基本的なスペックの高さはキッチリと抑えています。(LION FXでは50通貨ペアが取引可能)

手数料無料で1,000通貨単位の小額から取引できる貴重な業者でもあるので、初心者、ベテランを問わず、利用しやすいFX業者だと思います。

SNSの口コミでは

FX業者のデスクトップ取引ツールは、ほとんどの場合Windowsのみに対応しています。
しかし、ヒロセ通商のLION FXの場合は、MAC版も用意されているので、MACを使って取引したい方にとっては、貴重な業者になります。

約定能力に関しては、相変わらずユーザーからの口コミもよくありません。
小ロットでの取引なら問題ありませんが、そこそこ大きな枚数を取引する場合は、余計な損失を回避するためにも、約定力が高いFX業者を選択するのが賢明かもしれません。

当サイト管理人の評価

口コミでも、食材プレゼントキャンペーンは大変人気でした。
人気のLIONチャーハン、LION餃子、そして年末はおせちがもらえるなど、とにかく一定の数量を取引しているだけで、毎月のように食材が送られてきます。

「食料狙いで時々スキャして遊ぶ程度」という口コミがあったように、食材狙いで取引したり、小ロットで小さくコツコツとトレードする方にとってはメリットが大きいFX業者だと思います。

しかし、大口の取引になると途端に約定力が低下するので注意が必要です。
取引ツールについては評判も高く、MACで使える取引ツールが提供されている数少ない業者の一つです。また、iPhone、Androidといった各種モバイルアプリも無料で提供されています。

Pocket

関連ページ