利用者の口コミ!DMM FXの良い評判と悪いところを全部暴露します


DMM FX

インターネットの動画配信やDVDレンタルで有名な「DMM.com」がFX事業に参入したことで、大きな話題となったDMM FX

しかし、その本気度はすぐにわかるほどの高スペック業者で、2013年第1四半期には、取引高世界第2位となりました。
スプレッド業界最狭水準のDMM FX、ネットでの口コミはどうなっているのか、調べてみました。

掲示板の口コミ

■良い口コミ
◯DMMかSBIFXトレードがいいよ

◯DMMのメリット
スプレッドは業界最高レベル
スワップは売り買い同水準
スワップは含み損益
スワップのみ出金可能

◯結構いいじゃん

◯DMMのデメリット
チャートが見にくい
通貨ペア種類が多くない
メモリ食うのか、古めのPCだとたまに落ちる

◯指標狙ってとか、超短期とかでなければトータルバランスはよいのではと思う。
特にスワポ狙いの長期買いポジ保有がベースで、たまに短期の反対ポジとってリスクヘッジする
なんていう使い方だと、スワポが含み損益になるのと、スワポのみ出金可能というのは節税する
にも役に立つ。

◯dmmは滑るよ

◯DMMはスプ固定だけど結構滑るからな

◯iPhone版は成行きで悪い方にしか約定しないし、相場が安定してる時にしか使えない。
約定の遅れはながくて2秒ぐらいだけどね。

◯一つの業者で全ての利点を兼ね備えてるところは無いから複数の業者を使い分けるべし。
料理人が三徳包丁1本じゃなくて、刺身、出刃、菜切り包丁などを使い分けるように

スプレッドがかなり狭く、取引コストが抑えられるので、デイトレーダー向けのFX業者と言えますが、DMM FXの口コミでは約定力は高くないとのことです。

約定力が低いと、約定拒否をされたり、思ったレートから滑って約定するなど、自分が意図した為替レートで通貨を購入できないことが多くなります。

トータルではそこまで酷いFX業者ではありませんが、取引ツールもイマイチとの意見が多かったので、DMM FXの低スプレッドを生かし、他の業者のツールを使って相場を監視するといった、使い分けが良いと思います。

SNSの口コミでは

「低スプレッドが魅力的ではあるものの、約定力はそこまで高くない」といったところですね。
意図した所で約定しないのは、FXトレーダーからするとストレスになります。

逆に、マネーパートナーズなどは、スプレッドはDMM FXと比較して広めですが、約定力5年連続No.1の実績を誇っている為、クリックした瞬間に約定が完了します。

どちらの業者を選ぶかは好みにも寄りますが、確実性を取るならマネーパートナーズ、とにかく取引コストを下げたいならDMM FXとなるでしょう。

当サイト管理人の評価

DMM FXは、以前外為ジャパンを買収した経緯もあり、FX事業に取り組む姿勢は本気度が高いと感じています。

そして、参入当初よりずっと業界最狭水準のスプレッドを続けているので、狭いスプレッドでコストを抑えて取引したい投資家の方は、DMM FXを選んでおけば間違いありません。

一般的に、スプレッドはFXの取引コスト(手数料)と言われているので、スプレッドが狭くなるほど、勝ちやすくなります。
一方で、スプレッドと同じぐらい大切な約定力についてはまだまだ改善の余地がありそうです。

特に、指標時など為替相場が大きく変動する時になかなか約定しないとなると、想定を上回る損失が出る危険性もあります。
取引ツールについては、個人的にはそこまで悪くないと思います。
かなり優れているほどでもありませんが、使いやすい優良ツールだと私は思いました。


関連ページ