米国 雇用統計とは(非農業部門雇用者数・失業率)


雇用統計とは

外国為替に最も影響を与える経済指標の一つに「雇用統計」があります。

FX業者のFXプライムは「雇用統計ナイト」というライブ放送をユーストリームで配信するなど、外国為替を売買する投資家にとって、雇用統計は非常に重要度の高いイベントの一つです。

日本はもちろん、各国の雇用統計はいずれも注目度が高い経済指標となりますが、中でも米国雇用統計が最も為替レートに影響を及ぼします

アメリカの雇用統計は、毎月第一金曜日に発表される10の経済指標の総称です。
第一金曜日に、前月の雇用統計の結果がアメリカの労働省によって公開されます。
発表時刻は、米国夏時間のシーズンで21時30分、冬時間の場合は22時30分です。

雇用統計の結果が公表されると同時に、為替は大きく動きます。
発表される10の指標は、建設業就業者数、製造業就業者数、小売業就業者数、金融機関就業者数、週労働時間、平均時給などですが、中でも非農業部門雇用者数(NFP)と失業率は圧倒的に重要度が高いです。

雇用統計といえば「非農業部門雇用者数」と「失業率」のことだと考えても、問題はありません。

非農業部門就業者数とは

雇用統計の中の重要指標の一つ「非農業部門雇用者数(通称NFP)」は、自営業者と経営者、そして農業で働く人を除いた従業員の数の増減を表します。

農業以外の事業所の給与支払い帳簿を元にして、従業員の数がどれだけ増えた(減った)かを表す指数が、非農業部門雇用者数です。
原則的には、非農業部門雇用者数と失業率は同じような動きとなります。

しかし、まれに失業率と違った動きをするケースもあり、その場合は非農業部門雇用者数の結果が為替の取引に重視されることが多いです。
つまり、雇用統計の中で最も重要なのがこの指標ということです。

失業率とは

非農業部門雇用者数が事業所を対象とした調査なのに対し、失業率は家計調査を元にしている経済指標です。

労働人口における失業率がどれぐらいの割合か?を示した指標で、景気が悪くなると失業率が高くなります。
「労働人口」の基準は、16歳以上の男女であり、軍隊従事者や服役者、労働意志のないニートなどは対象外となっています。

つまり、「働きたいのに就職先が見つからなくて働けない」人だけが失業率の結果に反映される仕組みです。
2008年に起こったリーマン・ショック前後の不景気の際には、米国の失業率は10%近くまで上昇したこともあります。

雇用統計で値動きはどうなるか?

投資家にとって雇用統計は非常に重要度の高い指標です。
雇用統計の結果が発表される前から、それを意識した動きとなり思惑によって売買数量が増える傾向にあります。

そして、時間になって雇用統計が発表された途端、事前予想に対して数値が良かったかどうかを基準にして、円高か円安に大きく振れることが多いです。

値動きが大きくなるので、一撃で大きな利益を得るチャンスでもありますが、逆に雇用統計によって大きく損失を出してしまうケースも少なくありません。

また、注意点として覚えておきたいのは、値動きが激しくなるとスプレッドが拡大したり、注文がなかなか通らなくなる場合があることです。

雇用統計におけるトレードでは、為替相場の急変時にもスプレッドが拡大せず、いつでも注文がサクッと通る約定能力の高い業者で取引することが、勝敗を左右します。


関連ページ