ADP雇用統計


ADP雇用統計

ADP雇用統計は、アメリカ最重要経済指標の一つ「雇用統計(非農業部門雇用者数)」を予想することを目的として、ADP社(オートマチック・データ・プロセッシング社)の情報に基いて、マクロエコノミック・アドバイザーズ社が発表している経済指標です。

雇用統計の2営業日前の水曜日に発表されることから、雇用統計と並んで外国為替相場への影響も非常に大きい重要指標となっています。
発表時間は、夏時間で日本時間午後9時15分、冬時間で日本時間午後10時15分です。

ADP社は全米に50万社以上の顧客を持つ給与計算代行業者ですが、2001年よりアメリカの雇用情勢の調査を開始しました。(ADP雇用統計の発表は2006年5月から)
50万社にのぼる顧客から、雇用情勢について統計を取っているので、サンプル数も多く、実際の雇用統計との連動性も高いです。

算出方法も、米国労働省が発表する実際の雇用統計(非農業部門雇用者数)に近い方法で集計しているので、「雇用統計の先行指標」として重要視しているFX投資家も多いです。

一方で、ADP雇用統計はあくまでADP社が独自に算出している経済指標なので、実際の雇用統計の数字とズレることも多く、雇用統計発表時に、「ADP雇用統計の結果に対して良かったかどうか?」によって、為替相場は大きく動きます。

ADP雇用統計を見る上で注視したいのは、「事前予想を上回るか下回るか」です。
FX相場は常に先を予想して動いているので、「前回より良かったか?」よりも、直前の予想数値よりも上回ったかどうかの方が、為替レートへの影響は大きいです。

参考サイト

ADP雇用統計公式サイト

ADP社(オートマチック・データ・プロセッシング社)
ADP雇用統計のデータ算出元。
全米に50万社以上のクライアントを抱える大手の給与計算代行会社。

マクロエコノミック・アドバイザーズ
ADP雇用統計の発表元。
元FRB理事のマイヤー氏が設立した、経済予測会社です。

米国労働省
本家の雇用統計(非農業部門雇用者数)を発表しているのは、米国労働省。


関連ページ