シンガポールドル(SGD)

Pocket

シンガポール

シンガポールは、近年経済発展が目覚ましい、東南アジアを代表する国です。
大きな経済発展の成果もあり、近代的な国家となったシンガポールは、最近日本からの旅行客が増えていることでも有名です。

また、外国人誘致を積極的に推し進めており、低い税率を提示するいわゆる「タックスヘイブン」の国であることから、世界中から企業が集まり、また富裕層も集まっています。

その結果、2013年9月にはダウンジョーンズ社が公表した「国際金融センターランキング」において、世界第5位の金融センターだと評価されました。

また、シンガポールは富裕層の割合が世界で最も高く、6世帯に1世帯が金融資産100万ドル以上を持っていると言われています。
シンガポールの人口は、約550万人程度で日本の20分の1程度にすぎない、非常に小さな国家です。

また、国土についても707平方㎞であり、東京都の3分の1程度しかありません。
非常に小さな国、少ない人口ではありますが、少数精鋭型の経済政策によって大きな発展を遂げているのが、シンガポールの特徴です。

重視される指標

シンガポール金融管理局(MAS、中央銀行)の要人発言や政策金利の動向には注意する必要があります。

しかし、米ドルを始めとする主要通貨に比べて、取引量も値動きも小さいため、FXにおいてはあまり人気が高い通貨ではありません。
FX業者でも、シンガポールドルを取り扱っているところは一部の業者に限られます。

Pocket

関連ページ