ニュージーランドドル(NZD)

Pocket

ニュージーランド

ニュージーランドの通貨である「ニュージーランドドル(NZD)」も、豪ドルと同様に高金利通貨として知られています。

通称「キウイ」と呼ばれているNZドルは、主にFXのスワップ投資をおこなっている投資家に人気が高い通貨です。

NZドルがキウイと呼ばれる理由は、ニュージーランドの国鳥がキウイだからです。
ニュージーランドは経済規模が小さいので、為替の流動性が低く、値動きが激しいのが特徴です。

ニュージーランドってどんな国?

ニュージーランドドル(NZD)について知るために、ニュージーランド国の特徴についてまとめます。

人口400万人程度の小さな国

ニュージーランドは、人口400万人程度の小さな国です。
また、近隣国となるオーストラリアが769万平方キロメートルもの広大な土地を有しているのに対し、ニュージーランドの土地は26万平方キロメートル程度となっており、日本の国土の4分の3程度の広さです。

慢性的な経常赤字

ニュージーランドはずっと経常赤字が続いている国として知られています。
経常赤字に悩んでいる国としてはアメリカが有名ですが、ニュージーランドも輸出量に対して輸入量が少ないので、お金が海外に流出している状態となっています。

流出したお金を国内に取り込むためには、海外から外貨を流入させる必要があります。
そのため、高い政策金利によって高金利通貨の地位を確立し、海外の投資家に目を向けてもらおうとしているのです。

酪農が盛んな国

オーストラリアが資源国なのに対し、ニュージーランドは酪農や農産物の輸出が主です。
輸出製品の30%以上を農産物が占めています。

オーストラリアと隣接している国なので、資源国通貨と勘違いされることも多いようですが、ニュージーランドは酪農と農産物がメインの国なので注意が必要です。

人の人口の20倍もの羊の数がいると言われるくらい、酪農は盛んです。
また、ニュージーランドは観光立国としても知られており、GDPの10%以上が観光による収入となっています。

オーストラリアと相関性が強い

ニュージーランドドルは、同じオセアニア大陸であり隣接国であるオーストラリアの通貨「豪ドル」と似たような値動きをすることが多いです。

なぜなら、ニュージーランドの輸入・輸出の20%程度をオーストラリアが占めており、オーストラリアはニュージーランドにとって最も大きな取引先だからです。

つまり、オーストラリアの経済が悪化して、ニュージーランドからの輸入を制限したりすると、当然影響が大きく、NZドルが売られる要因となります。NZドルはオーストラリア依存度が高い通貨だということも覚えておきたいところです。

重視される指標

NZドルは高金利通貨なので、ニュージーランド準備銀行 (RBNZ)が毎月発表している政策金利の動向を最も重視しなければなりません。

政策金利の発表で利上げされると、高金利通貨としての魅力が増し、スワップ狙いの投資家などがNZドルを買うきっかけとなります。

逆に政策金利が引き下げられると、スワップポイントの魅力が薄れるので、NZドルを売ろうと考える投資家も増えることになります。
ニュージーランドの政策金利はNZ中央銀行が年8回発表することになっています。

Pocket

関連ページ