一目均衡表をFXで活用する方法!見方を変えれば戦略も変わる


一目均衡表

数あるテクニカル分析の中でも、とりわけ複雑なのが「一目均衡表」です。この分析手法は、様々な見方があります。しかし、基本を抑えることで非常に応用の効く便利なテクニカル指標です。
一目均衡表は、以下の5つの線から成り立っています。

  • 基準線
  • 転換線
  • 遅行スパン
  • 先行スパン1
  • 先行スパン2

それぞれがどのような働きをするのか、最初は覚えなくてもOKです。5つの線を使って浮き出てくる、全体像を見ることで、売買シグナルを発見できます。

一目均衡表の「雲」を知ると見方がわかる

一目均衡表を読み解く上で最も重要なのが、「雲」の存在です。例えば上記の画像を見た時に、パッと見て「雲」に見える部分があると思います。

雲は、上記で紹介した「先行スパン1」と「先行スパン2」の間にできるものです。なぜ「雲」と名付けられているのかというと、その名の通り、チャートが雲を抜けると相場が上昇に転じると言った現象が起きるからです。

遅行スパンが雲を上抜けたら買い

最初の売買シグナルは、「遅行スパン」に着目した手法です。遅行スパン(上記画像では薄いピンク)が雲をうわ抜けたら買いシグナルとなります。
実際に上記の画像でも、遅行スパンが雲を抜けたタイミングで、上昇トレンドがスタートしています。

遅行スパンは、先行スパンや基準線など、他の線よりも遅れて動く特徴があります。つまり、遅行スパンが雲を抜けるということは、すでにその他のラインが上昇に転じている証拠であり、信頼度が最も高いのです。
このシグナルは非常に使えます。

基準線が転換線を上抜けたら買い

FXテクニカル分析の代表的な使い方として「1本の線がもう1本の線を上抜けたら買いシグナル」というものがあります。逆に下抜けると売りシグナルとなります。

この方法は、一目均衡表にも当てはまります。使う線は「基準線」と「転換線」です。転換線が基準線を上抜けたら買いシグナルとなります。逆に下抜けで売りです。
ただし、基準線と転換線は結構大きく動きます。よって、先ほどの遅行スパンの雲抜けと比べると、信頼度は低めです。

基本的な流れとして、「転換線が基準線を上抜け → 遅行スパンが雲抜け」という流れになっています。両者が買いシグナルに転じていれば、信頼度も高く、大きなトレンドに乗れる可能性も十分あります。

ローソク足が雲に入るとトレンド終了

FXチャートの軸となっている「ローソク足」ですが、これが雲の中に入ってしまうと、一旦トレンドは終了と見るべきです。

例えば、為替が急落してローソク足が一気に雲に入ってしまった場合。その他のラインはまだ上昇トレンドを保っていますが、一旦急落してしまうと一気に雰囲気が悪くなります。

一時的にリバウンドをする可能性もありますが、その急落がきっかけとなり中期的に下がり続けることは少なくありません。
よって、ローソク足が雲に入った時点で、一旦利食いを検討することをおすすめします。

雲の切れ目は荒れ相場となる

一目均衡表の「雲」は、先行スパン1と先行スパン2という二つのラインの間にできるゾーンのことです。しかし、時にこの2つのラインがクロスするケースがあります。
この時に何が起こるかというと、チャート上で雲に切れ目ができるんです。つまり、一時的に雲が途切れるということです。

雲の切れ目は荒れ相場になると言われており、急騰や急落が起こりやすい傾向にあります。また、雲が切れるとまた新しい雲が形成されますが、トレンドは上方から下方、またはその逆と、トレンドが変わります。
大きく広がっていた雲が切れそうになっているときは、そろそろトレンドが終了するかも?という警戒は抱いておいたほうが無難です。

絶対に売ってはいけないポイントがある

よく、「かなり急激に上昇したからそろそろ売りか」と思って適当に利食いをしたら、さらに上昇してしまい、早く売りすぎた。。。というケースがあります。

売りのタイミングは買いのタイミングより難しいと言いますが、これは一目均衡表を使えば解決できます。少なくとも「絶対売ってはいけないポイント」を見逃すことはなくなります。

一目均衡表の法則に以下の様なものがあります。
5つすべての線が同じ方向を向いて平行になっている限り、上昇トレンドは終わらない。
このルールは絶対です。

例え最高値で売ることができなくても、一度掴んだトレンドを限界まで引っ張ることは、FXで勝つための鉄則とも言えます。

一目均衡表の5つの線がいずれも交わっていない時、トレンドは永遠に継続します。そして相場が転換点を迎える時、徐々にラインがデッドクロスをはじめ、トレンドが崩れてきます。その辺りで、一目均衡表も売りシグナルを発動してくれるので、早い段階で一度売り抜けることができます。

今回の記事はSBI FXトレードのチャートを使いました。


関連ページ