エリオット波動入門、今日のトレードから使える効果的な活用法

Pocket

エリオット波動

エリオット波動とは、ラルフ・ネルソン・エリオットという人が提唱した、相場のトレンド(波)に関する理論です。

FXや株といった相場では、いずれも「上昇トレンド」や「下落トレンド」と言った波が存在します。
ただランダムに動いているだけでなく、値動きの波が存在するからこそ、形あるチャートが形成されているのです。

エリオット波動では、このトレンドの波に対して法則性を見出したものです。
この理論を利用することで、現在の相場がトレンドの初期なのか、それともピークなのか?といったことがわかります。

エリオット波動 上昇5波・下降3波

エリオット波動の基本形

エリオット波動では、FX相場のトレンドを「上昇5波・下降3波」を言っています。
上昇には5つの波があり、ピークを付けた後に3つの波を経て下落していくという意味です。

例えば、上昇トレンドの場合、

  • 上昇時は合計5段階に分かれてジワジワ上がる
  • ピークをつけると下降時は合計3段階で急落する

ということです。
「上昇はゆっくり、下落は速い」というのは、なんとなくイメージできる方もいるかもしれません。

ちなみにこれは、下降トレンドの場合は、「ジワジワ下がり、急激なリバウンドをする」値動きとなり、上昇トレンドの真逆です。

波ごとの特徴

上昇時には、第1波から第5波まで、5段階を経て為替が上がります。
そして、その波の値動きにはそれぞれ特徴があるため、値動きの状況から今のトレンドの位置を推察できるのです。

  • 第1波:ゆっくりとした動きで上がっていく
  • 第2波:第1波の上昇分を帳消しにするような強い動きで下落する(が、完全に帳消しにはならず、途中で再び上昇に転じる)
  • 第3波:最も強く長い上昇で本格的なトレンドに入る。5波の中で上昇率が1番になるケースも多い
  • 第4波:高値持ち合いのまま複雑な動きで空中戦に突入。徐々にバブル色が出てくる
  • 第5波:上昇スピードが速く、バブル時の急騰で相場のラストを飾る

そして上昇トレンドは終わり、一気に下落へ向かう…

これらのエリオット波動の値動きをトレードに生かす場合、最もリスクが小さく利益が取りやすいのが、第3波です。

相場格言に「頭と尻尾はくれてやれ」という言葉があるように、第3波のような中間地点を少しいただくのが、もっとも安全で利益が取れるので、プロの投資家・トレーダーが好むポイントです。

第4波になると、本格的な空中戦に突入するため、超短期トレード手法「スキャルピング」を得意とするトレーダーにとっては美味しいポイントですが、多くの投資家は波に乗りきれず「買ったら下がる、売ったら上がる」の状態になり、参加するだけで負けてしまうレベルの高いゾーンとなります。

第5波はもっとも短期で大きな利益が期待できますが、「火事場」にお宝を取りに行くようなものなので、バブルの天井を掴んでしまうと、大損は避けられません。

3つの法則

法則2

また、エリオット波動では、以下の3つの法則が提唱されています。
5つの波の値動きの性格と、下記の3つの法則を活用することで、現在の相場状況が見えてきます。

  • 第1波、3波、5波の3つの上昇のうち、第3波が一番短くなることはない
  • 第2波は、下落スピードは速いが第1波の上昇を完全に打ち消しはしない
  • 第4波の下落が第1波の波の頂点を下回ることはない

つまり、第2波が第1波の上昇開始ポイントを下回った時点で、そのチャートは上昇トレンドではないことがわかります。

法則3

また、第4波の下落は、第1波で付けた「山」にタッチしません。
タッチせずに再び上昇に転じたら、いよいよバブルの第5波がやってくると予想できます。

まとめ

エリオット波動はあいまいなものなので、このテクニカル指標だけでトレードするのは難しいです。
しかし、現在の相場状況を確認したり、トレンドの位置を把握することができれば、バブルの天井を掴んだり、トレンドを読み誤る可能性は低くなります。

FX取引は確率のゲームです。
失敗する確率を少なくし、勝てる確率をいかに高めることができるかが、勝敗を左右するのです。

Pocket

関連ページ