5分でわかるFXチャート!ローソク足で基礎固めをして勝つ

Pocket

ローソク足チャート

FXチャートを見る上で、最も基本となるのが「ローソク足の見方」を覚えることです。
初心者の方はまず最初にローソク足の見方を覚えておくだけでも、勝率は大きく上がります
ローソク足はただのチャートにあらず、1本のチャートから相場の状況や強さを読み取る事が可能です。

ローソク足とは?

数あるテクニカルチャートの中でも、最も定番で多くの投資家が使っているのが「ローソク足チャート」と呼ばれるものです。

このチャートは、4本値(始値・高値・安値・終値)から構成され、見た目が「ローソク」に見えることから、ローソク足や、4本足チャートと呼ばれています。
ローソク足の見方を理解するには、「4本値」を知ることが1番です。

4本値の見方

4本値とは、始値、高値、安値、終値の4つの値段を表すものです。

■始値
その時間軸のチャートの開始の値段

■高値
そのチャートの時間軸の中で最も高かった値段

■安値
そのチャートの時間軸の中で最も安かった値段

■終値
その時間軸のチャートの終わりの値段

ローソク足の見方を極める

ローソク足チャートの見方は、「陽線か陰線か?」と「4本値の構成」を見ることで比較的簡単に理解できます。

陽線か陰線か?

陽線と陰線

ローソク足では、陽線と陰線の2つを使って、上昇と下落を判断します。
チャートソフトによって多少の違いはありますが、基本的に「陽線は白」、「陰線は黒」で表示されることが多いです。

  • 陽線:上昇したときに描く足
  • 陰線:下落したときに描く足

上昇時に描かれる陽線は買い圧力が強く、下落時に描かれる陰線は売り圧力が強いです。
よって、チャートが上昇トレンドの時は陽線が連続し、下落トレンドの時は陰線が連続して出ます。
注意して欲しいのは、4本値を使ってローソクを描く時、

  • 陰線は始値が上で終値が下
  • 陽線は始値が下で終値が上

になることです。
これは、上昇した場合には陽線を使い、下落した場合には陰線を描くことから、このように表示されるようになっています。

4本値を読み解く

先ほどの4本値の解説を元に、ローソク足がどのような形をしているのか見てみます。
チャートとは、「始まりがあり、値動きの中で高値と安値があり、終わりがある」ものであり、その一連の動きを一つの足で表したのがローソク足です。

1本のローソクを見るだけで、その時間に為替相場がどのような動きをしていたのかがわかります

ローソク足では、始値と終値の部分を陽線・陰線のボディの部分で表し、高値・安値はその上下に棒を引くことで示します。
例えば、相場が一方通行で上がり続けた場合「高値と安値が同じになる」ため、ローソク足は下の画像のように表示され、陽線のボディ部分と高値の棒が重なります。

陽線

チャートから強弱を知る方法

ローソク足はただ上昇・下落がわかるだけでなく、「相場の強弱」を知るきっかけとなります。次のパターンは、ローソク足の形の違いによってどれぐらいの期待度が持てるのかをまとめたものです。

しっかりと頭に叩き込んでおくことで、チャートが勝つための武器として機能します。

期待度:10
最初から最後まで一度も下がるシーンがなく、上昇し続けると、ローソク足はこのような形になります。始値が安値となり、終値が高値となっているパターンです。
この陽線のパターンは最も強く、相場上昇の期待度も高いです。
陽線の長さが長ければ長いほど、相場が強いと判断できます。

期待度:8
このパターンは、最初は売りが先行し下落して陰線状態でしたが、最終的に大きくリバウンドして上昇した結果、陰線だったチャートが陽線に転換して終わったことを示します。
一端は売られたものの、その売りをすべてこなして「高値で終えることができた」ので、まだまだ相場の上昇力は強いと判断できます。
一方で、「ローソク足が長いヒゲをつけると相場の転換点である」とも言われており、ヒゲが長いこの形のローソクが相場のピークになるケースもあります。

期待度:7
もっとも一般的なローソク足の形です。
高値と安値があるものの、最終的に陽線を付けて終わっていることから、売り圧力よりも買い圧力の方が強いとわかります。

期待度:5
上記のローソク足と全く同じですが、ローソクの大きさが小さいため、「この時間軸では値動きが小さい相場だった」とわかります。
陽線をつけているのでどちらかと言えば「買い」と判断できますが、値動きが小さかったということは、「どっちつかずの状態か、売り買いが拮抗していた」ということになるので、期待度の高い陽線とは言えません。

危険度:7
陰線になると、信頼度ではなく「危険度」を考えるべきです。
このパターンは3番目の陽線と同じ形ですが、最終的に売られて終わったことから、売り圧力が強いとわかります。

危険度:8
この形も雰囲気が悪いので注意が必要なチャートです。
相場は最初、上昇してスタートしましたが、最終的にその上昇をすべて打ち消すほどの売りが先行し、陰線で終わっている状態です。
長いヒゲを付けた陰線は、相場の天井になったり、またはまだまだ下落する可能性が高いので、買いポジションを持っているのであれば、早めに逃げた方が良いでしょう。

危険度:10
最初から最後まで、一方通行で売られ続け、下落した形がこのローソク足です。
下落圧力が相当強いので、このタイミングは買いポイントとは言いにくいです。
トレンドを重視する場合は、このパターンは買いではなく、売りのタイミングです。

基本中の基本が役に立つ

チャート分析においては、さまざまな手法がありますが、基本中の基本とも言えるローソク足の見方をしっかりとマスターするだけでも、非常に役立ちます。

高度なテクニカル分析が、高い勝率を上げるとは限らず、基本的なパターンを押さえておくことが、相場では大変重要になってきます。

ローソク足の見方や、移動平均線のクロスなど、投資家が最初に身につけるべきテクニカル分析は、1秒で判断できるレベルまで体得しておくことが重要です。

今回の記事はSBI FXトレードのチャートを使いました。

Pocket

関連ページ