迷ったらコール買いでOK!2択における確率を1%でも上げる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

コール買い

バイナリーオプションは、為替が円安に動くか、それとも円高に動くかを予想する投資です。しかし、多くの人の予想が一方に傾くと、ペイアウト(払戻金額)が低下します。

大きく利益を取るには、常に「大穴」に張る必要があるのですが、胴元となるFX業者が手数料を取ることから、長期的には負ける可能性が非常に高いのが真実です。

しかし、できることなら勝ちたい。そう思うのは皆同じです。そこで、チャート分析や経済動向の分析など、さまざまなテクニックを駆使して、確率を上げるのです。

YJFXが公開しているデータによると、FX業者側が取引高全体の7%弱の手数料をとったところ、8割近くのユーザーがプラスマイナスでマイナスになっています。

たった7%の手数料を取っただけで、8割の人が負ける。これがバイナリーオプションの恐ろしい事実です。

しかし、これは裏を返せば、ちょっとした工夫で勝率を1%でも上げることができれば、大きな利益となることを示しています。バイナリーオプションの勝ち組と負け組の差は本の数パーセント、この程度の微差が勝ちと負けを分けるのです。

コールか、それともプットか

バイナリーオプションの基本的な賭け方は2つです。

「コール」かそれとも「プットか」だけです。コールを選んだ場合は為替が規定値よりも円安に向かえば勝ち、プットオプションの場合は、為替が規定値よりも円高になれば勝ちです。

この一見2択と思えしバイナリーオプションの取引方法ですが、実は勝率を少しでも高める方法があるので、ご紹介します。

トレンドフォローを意識する

株でも為替でもそうですが、相場には「トレンドフォロー」という言葉があります。いわゆる「順張り」と同じで、今動いている方向に、これからも継続して動いていくという考え方です。

なぜこのような現象が起きるのかというと、一方向に動き出すと逆に張っていたトレーダーが損失に耐えられなくなり、ロスカットをします。それがさらにトレンドを強化します。

そのトレンドが大きくなると、少しずつ多くの人がその波に乗ろうとして同じ方向に張ってきます。最終的に大多数の人が一方向に張っている状態(いわゆるバブル)になるまで、トレンドは継続するのです。

つまり、バイナリーオプションで勝率を少しでも上げるには、「今動いている方向に張る」のが一番です。慎重なチャート分析も大事ですが、原理原則として、今円安に動いているなら、今後さらに円安に向かうと考えることが大切です。

しかし、多くの人が同じ方向に向かうと予想し始めると、ペイアウト率(払い戻し額)が下がってきます。このような理由から、初心者はつい「逆張り」をしてしまうことが多いです。

なぜなら、バイナリーオプションにおいて逆張り戦略は大勝ちできる唯一の方法だからです。綿密な分析の元で、相場が逆に動くと予測できるのであれば、逆張り戦略も有効な手段の一つとなります。
しかし、基本的には今動いている方向に乗るのが一番だということを忘れてはいけません。

まとめ

「トレンドフォローを意識する。」
これは、バイナリーオプションの攻略法の中でも基本中の基本テクニックです。この方法で勝率が劇的に上がるわけではありません。

しかし、もしこの方法で勝率が0.1%でも上がれば、あなたが勝ち組になれる確率は飛躍的に上がります。なぜなら、FX業者がたった7%の手数料を抜いただけで、本来5分5分であるはずの負け組ユーザーが80%にも増える事実があるからです。

小さなことが大きな結果になる。
ほんの少しでも勝率を高めるにはどうすればよいか?

これを意識することがバイナリーオプションで長く勝ち続けるための本物の攻略法の一つだと、私は思います。

関連記事をもっと読む