短いほうが勝ちやすい?判定時間ランキングTOP3

このエントリーをはてなブックマークに追加

判定時間ランキング

バイナリーオプションでは、最終的な為替レートが決定する前に「判定時間」という1~2分の空白時間があります。
この時間は新規購入も途中売却もできず、ただじっと待つことしかできません。

判定時間がバイナリーオプションでは最も大きな勝負どころであり、激アツタイムとも言えます。
そして実は、判定時間は短い業者ほど勝ちやすいです。

詳細についてはこちらで解説していますが、何かを予想する場合時間軸は短いほうが当たる確率は高いというのが理由です。

3年後の為替レートよりも、1秒後のレートの方が予想しやすいです。
10年後の世界よりも、明日の世界の方が予想しやすいです。
これと同じで、判定時間は短い業者の方が勝率は高くなります。

判定時間ランキングTOP3

現在、バイナリーオプションでは1分~2分の判定時間を設けている業者がほとんどです。
といっても、現状では有利な60秒判定を採用しているのはオプトレ!のみとなっています。

1位:オプトレ!(YJFX)

オプトレ

Yahoo!JAPANグループのFX業者「YJFX(旧サイバーエージェントFX)」が手がける「オプトレ!」は、現時点でもっともスペックの高いバイナリーオプション業者です。

まず、判定時間は業界最短の60秒判定を採用。
最終購入タイミングから60秒後に結果が出るので、予想しやすく、勝ちやすい業者となっています。

また、オプトレ!は通貨ペア数も8種類取り扱っており、こちらも選択肢が豊富です。
値動きの違う通貨ペアを相場状況によって選べるので、バイナリーオプション取引の選択肢がより広くなります。

2位:LION BO(ヒロセ通商)

LION BO

ヒロセ通商が展開する「LION BO」は、2分判定を採用しています。
バイナリーオプション業者の中では、とくにこれといって目立った特徴はありませんが、取引ツールは使いやすいです。

また、ヒロセ通商は取引回数に応じて食材がもらえるキャンペーンを積極的におこなっています。
バイナリーオプション取引の楽しみの一つとして、食材キャンペーン目当てでLION BOを選ぶ人も多いです。

3位:外為オプション(GMOクリック証券)

外為オプション

業界大手のGMOクリック証券が展開しているバイオプ取引が「外為オプション」です。
外為オプションも2分判定を採用しています。

特徴としては、上・下の2択が選ぶだけでなく、オプション取引ならではのレンジイン・レンジアウトも、ワンクリックで簡単に注文が出せることです。

レンジイン・レンジアウトは、上か下かを予想できなくても、値動きが大きいか・小さいかを予想できれば利益が出せる取引方法なので、雇用統計などの指標前に重宝します。

その他の業者でもレンジイン・アウトは注文できますが、自分で組む必要があるのでややこしいです。
また、外為オプションではiPhone、Androidアプリを充実させています。

口コミでも高い評価を得ているクリック証券ならではのアプリを使えば、外出先でいつでもバイナリーオプション取引が楽しめます。

関連記事をもっと読む