3分で学ぶバイナリーオプションの取引方法まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

取引方法

バイナリーオプションは、未来の為替レートが自分が予想した数値よりも上か、下かを予想する新しいオプション取引です。
予想が当たれば利益を得ることができ、外れると賭金を失います。

10円から始められることや、基本的な取引方法は上か下の2択を選ぶだけなので、初心者の方でも簡単に楽しむことができます。

しかし、バイナリーオプションには合計3つの取引方法があります。
すべての戦略を知っておくことで、より幅広い取引をすることが可能です。

バイナリーオプション3つの取引法

バイナリーオプションには、

  • 為替レートが「上」か「下」かを予想する
  • 為替レートが「大きく動く」か「小さく動くか」を予想する

これらどちらのパターンでも、利益を得るチャンスがあります。

ラダーオプション

ラダーオプション
ラダーは、最も一般的なバイナリーオプションの取引方法です。

いわゆる、上か下かを予想するのがラダーオプションです。
選択できる為替レート(権利行使価格)がいくつか用意されていることから、ラダーと呼ばれるようになりました。

将来の外国為替が円安(上に上がる)になると思ったら、コールを選択肢、逆に円高になる(下に下がる)と思ったら、プットを選びます。
未来の為替レートが選んだレート(権利行使価格)より円安・円高となり、予想が当たれば利益を得ることができます。

レンジイン

レンジイン

オプション取引ならではの取引方法として、レンジイン・レンジアウトがあります。
これは、「上か下かを予想するのが難しい」局面であっても「値動きが大きいか小さいか」を予想できれば利益を得ることができます。

レンジインでは、将来の為替レートが予想したレンジの範囲内で収まれば利益となり、判定レートがレンジ外となってしまった場合は、賭金がなくなります。
早朝や日中の時間帯など、為替の値動きが小さい時間帯において有利な手法です。

通常は、ラダーオプションのコールとプットを組み合わせることでレンジインオプションを作り出すのですが、一部のバイナリーオプション業者では、レンジインをワンクリックで設定できる便利な業者も存在します。

レンジアウト

レンジアウト

レンジアウトは、レンジインの逆です。
将来の為替レートが、一定のレンジよりも外にあれば利益となり、レンジ内に収まってしまった場合は、賭金を失います。

雇用統計やFOMCなど、値動きが大きい相場において、レンジアウトオプションは威力を発揮します。例えば、雇用統計が発表されると為替は激しく動きますが、上でも下でも、レンジ外に収まればOKなので、使い勝手も良いオプション取引法です。

関連記事をもっと読む