初めてでもよく分かるバイナリーオプションで勝利を掴むためのコツとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイナリーオプションのコツ

バイナリーオプションは、将来の為替レートが自分の予想数値よりも上か下かを当てる、2択のゲームです。
2択のゲームですから、半分の人が勝って、半分の人が勝つ計算になります。

しかしこれが大間違いで、実は半数以上の人がバイナリーオプションで負けています
なぜなら、それはサービス提供をしているバイナリーオプション業者が胴元として「手数料」を取っているからです。つまり、バイナリーオプションという2択のゲームは、勝率が50%だった場合確実に負けるのです。

ではどうすればよいか?
答えは簡単です、勝率を50%以上に上げることができれば、バイナリーオプションは勝てるゲームになります。

バイオプで勝率を高めるコツ

バイナリーオプションで勝率を高めるコツは、3つ存在します。

  • 2択の部分の確率を上げる
  • 有利な取引業者を選ぶ
  • 自分でコントロールできるポイントを見つける

この3つのコツを徹底的に磨きあげることで、勝率は上がります。

2択の部分の確率を上げる

バイナリーオプションは将来の為替レートを予測する取引です。
つまり、上がるか下がるかの2択を選ぶわけですが、これは決してギャンブルではありません。
なぜなら、コイントスをしているのではなく、扱っているのが為替レートだからです。

為替レートにはトレンドが存在し、実体経済を反映した動きをします。
よって、ただ単純に2択を選ぶのではなく、テクニカル指標を使ってチャート分析を行うことでトレンドを掴むことができれば、勝率50%を越えることができます。(テクニカル分析)

また、雇用統計やFOMCなど、事前に相場が大きく動くことがわかっているケースもあります。
そのような場合は、「米国経済の雇用統計は良いか?悪いか?」といった情報をニュースなどからくまなく入手することで、勝率を上げることができるのです。(ファンダメンタルズ分析)

有利な取引業者を選ぶ

バイオプ取引で勝率を高めるには、有利な業者を選ぶことも重要です。
FXには、超短期トレードを繰り返す「デイトレーダー」が存在します。

彼らは数秒、数十秒単位で何度も取引をするのが特徴なのですが、デイトレーダーの勝率はとてつもなく高いです。
ベテランのデイトレーダーの勝率は、実に7割とか、8割となります。

そのような勝率の取引を1日に何度も繰り返すので、勝ち組デイトレーダーの資産はケタ違いのスピードで増加していきます。
デイトレーダーの勝率がなぜ高いのか?

それは、「1取引あたりの時間軸が短いから」です。
3年後の為替レートを予想するのは難しくても、1分後のレートは予想しやすいです。
さらに、5秒後のレートはもっと予想しやすいですし、1秒後の為替レートはほとんどの人が言い当てられるでしょう。

つまり、時間軸が短ければ短いほど予想が当たりやすいのです。
バイナリーオプションでは、業者によって「判定時間」が違います。

多くのバイナリーオプション業者では、判定時間は2分となっていますが、Yahoo!ジャパングループのオプトレ!(YJFX)では、判定時間が60秒と短くなっています。
このことから、理論上、オプトレは他の業者よりも勝ちやすいと言えるのです。

自分でコントロールできるポイントを見つける

バイナリーオプション取引でもう一つ大事なのが、「自分自身でコントロールできるポイントを見つけること」です。
ただ2択の予想をするだけでは、他の投資家と差別化ができません。

しかし、バイナリーオプションでは、他の投資家と差別化できるポイントがいくつかあります。
その一つが、「ポジション調整」です。

つまり、「この勝負にいくら賭けるか?」の決定権は常に自分の手元にあります。
マンガ「賭博黙示録カイジ」を始め、一般的なギャンブル論では以下のように言われています。

  • 流れが悪い時は賭金を最小にする
  • 自信のない勝負はしない、または賭金を最小にする
  • 自分がある勝負だけに大きく賭ける

このようなポジション調整が上手くできると、勝率が低くても結果としての勝ち金額がプラスになるのです。
毎回一定金額を賭けるのではなく、状況に応じて投入するお金を調整することも、バイナリーオプションで勝つためのコツです。

第3の選択肢:途中で売る

私がバイナリーオプションで勝つ秘訣でもっとも重要だと思っているのは、「途中で売る」という選択肢を忘れないことです。

バイナリーオプションは、上か下かを当てる2択のゲームです。(ここではレンジイン・レンジアウトは割愛します)しかし、選択肢は2つだけではなく、実は「途中売却」という第3の選択肢があるのです。

為替相場は刻一刻と変動します。
最初は良かったのに、途中で雰囲気が悪くなってきたり、自分が思う方向に進まないケースも少なくありません。

そのような場合に、「最後の望みを信じて持ち続ける」のは得策ではありません。
先ほどにも紹介したように、「途中で売る」という選択肢も、バイナリーオプションで数すくない「自分でコントロールできるポイント」なのです。

途中で流れが悪くなってきたら?
途中で自信がなくなってきたら?
このような時に取るべき行動は「賭金を小さくする」ことです。

全部売却はもちろん、一部売却を行うなど、状況に応じてポジションを変化させていくことが、バイナリーオプションで勝利を掴むための大きなヒントです。
今回紹介した方法を駆使することで、勝率は50%を超えてきます。

バイナリーオプションでは、半分以上の人が負け、数少ない一握りの人が半永久的に勝利を手にし続ける、ギャンブルではない取引なのです。

関連記事をもっと読む